« 冬の花、椿。 | トップページ | いつの間にか、春の気配。 »

2011年1月24日 (月)

フランスバスク地方のサブレ。

006_2

フランスに住む友達から、おみやげをいただいた。

ムーラン・ドゥ・バシルー(Moulin de Bassilour)というところが作っているサブレ。

見るからに素朴なお菓子だ。

フランスバスク地方のビダール(Bidart)という村にムーラン・ドゥ・バシルーはあるらしい。

運河を利用して、小麦、とうもろこしの粉をひき、パンやお菓子を作り、販売してるようだ。

なんとも、フランスらしいお店だ。

味はというと、粗引きのザラついた食感が、おいしい。

粉っぽい風味から、てっきり、とうもろこしの粉で作られていると思ったが、

実は小麦粉からできているという。

あまり甘すぎない味が朝食にぴったりだ。

一口いただいて、すごーくおいしい!という感じではないけれど、何枚食べても飽きがこない。

硬い食感が何だか、懐かしい感じがして、そのあと、口の中にほっとするおいしさが広がる。

Moulin de Bassilour(ムーラン・ドゥ・バシル-)

64210 Bidart

TEL 05 59 41 94 49

« 冬の花、椿。 | トップページ | いつの間にか、春の気配。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスバスク地方のサブレ。:

« 冬の花、椿。 | トップページ | いつの間にか、春の気配。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ