« 休日を庭で過ごせば。 | トップページ | 花と思い出 »

2011年3月19日 (土)

アリエールクールからお知らせです。

この度の大震災の被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

毎日、心が痛む映像がながれ、今まで味わったことのない感情がわきあっがてきます。

お陰さまでアリエールクール店内は花瓶ひとつ割れませんでした。

とはいうものの、スタッフの通勤事情、節電などの問題から、

とりあえず、3月中のアリエールクールの営業時間変更と、お休みのお知らせです。

営業時間、10時より18時。

3月20日(日)、27日(日)はお休みとさせていただきます。

027

この写真は3月18日のアリエールクールの店先です。

震災の以後、予想に反してたくさんのお客様にきていただいています。

多くのお客様はご自分のために花を買われていきます。

大震災に心が疲れ、その重い気持ちを癒すために、お花が役立ってくれているようです。

こんなに長く花屋をやっているのに、改めてお花の力を感じ、胸にジーンときました。

長野でバラを作っている、堀木園芸の堀木君から電話があり、そんな話をしていると、

彼から、昨年末剪定したバラが花をつけはじめ、

その中に市場に出せる長さになっていないバラが思いのほかたくさんあり、

それをアリエールクールで被災地への募金に使うことができないかという提案がありました。

募金につながらなくても、バラで癒されてくれるだけでもいいしね、ということになり、

とりあえず、どんなふうにできるかわからないけれど、やってみる約束をしました。

店先を通る人の多くが足を止めてくれました。

手書きの看板に目をむけてくれる方、そしてバラを包んで募金をしてくれる方。

手さぐりでしたが、その中でいろいろな方とお話ができ、

たった2時間ほどでバラはなくなってしましたが、

私自身も暖かい気持ちになりました。

ほんの少しだけれど、堀木園芸の思いも二子玉川の人に届いたと思います。

募金は6650円と少額でしたが、バラをお持ちくださった方々が堀木園芸のバラを見て、

心が少しでも休まっていると思うと、また別の喜びを感じます。

本当にご協力ありがとうございました。

責任をもって、被災地へ寄付いたします。

また、4月1日もできたら、やりたいと思います。

よろしくお願いいたします。

不安とつらさが同居した毎日ですが、

小さな喜びを糧にがんばっていきたいと思います。

 

« 休日を庭で過ごせば。 | トップページ | 花と思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリエールクールからお知らせです。:

« 休日を庭で過ごせば。 | トップページ | 花と思い出 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ