« アリエールクールからお知らせです。 | トップページ | アリエールクール アレンジメント教室 »

2011年3月27日 (日)

花と思い出

001

よくわからない不安と毎日戦いながら、暮らしているような気がする。

気分転換に散歩に出てみた。

いつの間にか外は春が歩み寄っていた。

農家のハウスの横に菜の花が咲いているのをみつけた。

菜の花をみると、子供の頃を思い出してしまう。

小さい頃住んでいた家の裏が菜の花畑だった。

おばあさんがひとりでその畑の脇に住みながら、耕していた。

小さいわたしはおばあさんに、よくかわいがってもらい、

遊びに行くと菜の花を摘ませてもらった。

顔を近づけて花の香りをかぐと、このささやかな子供のころの思い出がよみがえる。

誰でもひとつくらい、こんな花にまつわる思い出をもっているはずだ。

暮らしの中に花があって、自分のとなりにはだれかがいて、そんなふうなありきたりなことが、

今、とても大切に思える。

多くのそんな暮らしが失われてしまった。

あの子供の頃に見たのと同じ菜の花が、ここに咲いている。

きっと失われた暮らしも、菜の花のようにまた咲いてくれることを祈らずにはいられない。

« アリエールクールからお知らせです。 | トップページ | アリエールクール アレンジメント教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花と思い出:

« アリエールクールからお知らせです。 | トップページ | アリエールクール アレンジメント教室 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ