« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

チェンバロとラウンテンクラヴィーアのコンサート。

059

ヴァージナルチェンバロ。

小型のチェンバロの一種らしい。

自宅の近所で、このヴァージナルチェンバロとラウンテンクラヴィーアという、

古い鍵盤楽器のコンサートがあるというので、出かけてみた。

音楽はまったくわからない。でも、こうしてコンサートに出かけるのは大好きだ。

以前は音楽好きの友達に誘われて、ときどき行く機会があったが、

彼女が故郷の沖縄に帰ってしまってからは、とんと御無沙汰である。

チェンバロ奏者であり、これらの楽器の製作者でもある、山田 貢さんのコンサート。

彼女に確かめると、とても有名な方らしい。

会場はギャラリー&カフェ50人ほどでいっぱいになった。

こんなコンサートをこの規模で聞けるとは、何とも贅沢な感じ。

山田さんのお人柄もあり、リラックスした楽しいコンサートだった。071

これは、ヴァージナルチェンバロの弦が張られている楽器の中に描かれた絵。

手前は豆の花、その向こうには鳥といっしょに葡萄が描かれている。

他にもチューリップ、アネモネ、ポピーなど、とてもきれい。

モチーフが花だったこともあって、しばらく眺めてしまった。

木の上に描かれた絵には、素朴さと美しさが同居して、特別な雰囲気がある。

山田さんのご説明によると、チェンバロにはこうした絵が描かれているもので、

この楽器が特別というわけではないとのこと。

この絵は山田さんご自身ではなく、若いこうした絵をお描きになる方に依頼したものらしい。

おとぎの国の楽器のようなヴァージナルチェンバロ。見ているだけで感動してしまう。

もちろん演奏もすばらしいかった。音色をお届けできないのが、ほんとうに残念。

現代の楽器にはない、ゆっくりとした時の流れを感じさせてくれる。

こころにそっとしみていく、そんな感覚を覚えた。

来週は母の日で、目が回るような一週間。

嵐の前にほっとした一日が過ごせて、よかったな。

2011年4月19日 (火)

今月のリラ・フォンセ

020

バラの名前はイブ ピアッチェ 。

花びらが多い、大輪のバラです。

とても香りが強く、咲いた姿がご覧のように美しいです。

毎回、たいへん好評な、リラ・フォンセ。

今月、23日土曜日、11時から12時、お昼休みをはさんで、

13時から17時まで、開催いたします。

かわいい子供服がいっぱいです。

どうぞ、ご来店ください。

2011年4月17日 (日)

セビリアのお菓子

013

近所のスーパーマーケットで、スペインのセビリアのお菓子を見つけた。

セビリアは昨年の夏に旅行で訪れ、とても楽しかった南スペインの町。

とにかく、町の人たちが人なつっこくて、感じがよかった。

言葉ができないのに、ずいぶんバル(スペイン風居酒屋)で話したり、笑ったりした気がする。

旅の思い出がいいと、帰国後もその地の物や情報に興味が続くようだ。

セビリアのお菓子、というだけで買ってしまった。

セビリアのイネス・ロサレスという女性が自宅のキッチンで作っていたサブレが評判になって、

スペイン全土に広がり、今やスペイン全土はおろか世界中で注目のお菓子らしい。

ネットで見てみると、ほんとうにアメリカでも売っているようだ。

015

オリーブオイルで焼き上げた素朴なサブレ。そしてこれはオレンジ味。

食べるとオリーブオイルの風味がくせになる感じ。

軽くておいしい。

フランスのお菓子みたいに洗練されてないけれど、手作りぽくてなつかしい感じがする。

まるで、セビリアの町のようだから、不思議だ。

2011年4月10日 (日)

満開の桜

006

先週は一輪しか咲いてなかった我が家の桜も、ほぼ満開になった。

この桜はここへ引っ越した翌年に植木屋さんに植えてもらったものだ。

桜は毛虫がたくさん発生するのでたいへんだが、どうしても庭に植えたかった。

というわけで、毎年夏には、壮絶な毛虫とのバトルを繰り広げている。

染井吉野は成長が早いので、この桜もすくすくと大きくなって、今年の冬には剪定をしてもらったほどだった。

でもまだまだ若いかわらしい雰囲気を留めている。

作家の芹沢光治良氏が晩年、近所だったか、ご自宅の木だったか忘れたが、

一本の木と話ができるようになったと、何かで読んだ。

真偽のほどはわからないが、わたしもこの桜といつか話ができればいいな、と思って、

ときどき手で触れながら、話しかけている。

もちろん今まで返事が返ってきたことはない。

016

うちの桜を切ってしまうのは、忍びないので、店の桜をちょっといただいてきた。

桜のうつりがいいので、秋田杉のお弁当箱にいけることにした。

小さい葉は、ガクアジサイ。

ミニ剣山がひとつしかなかったので、桜の花留めは器を重ねて狭い空間をつくり、

器にもたれかけさせていけてみた。

022

器を重ねて、上の器にミニ剣山をおく。

021

ミニ剣山にガクアジサイをいける。

剣山が見えなように低くする。

020

手前に、短く切った桜をいれて、

その後ろにガクアジサイをいけた上の器にもたれかけさせてもう一本桜をいける。

2011年4月 3日 (日)

うちの桜

003

仕事柄、”一番好きな花は?”と聞かれることが多い。

迷わず、桜と答える。

一年のうちこの季節にしか会えないせいか、

枝が高く、いつも下からながめ、手の届かない花のイメージからか、

何とも、愛おしい。

時がやって来ると、すっと背中を見せて立ち去るように散っていく姿も心をふるわす。

昨日、うちの染井吉野がやっと一輪咲いてくれた。

大震災の前から、今日はうちで花見をやる予定にしていた。

あの頃のお花見の予報では、今日あたりが見ごろのはずだった。

しかし、肌寒い日が続き、桜の開花が遅れてしまい、庭の桜は木の枝ばかりが目立つ。

でも、こんな毎日なので、みんなの近況報告をかねて、予定通り我が家に集まることにした。

とは言え、たった一輪の花見とは。ちょっとさみしい気がする。

どうやら、桜もわれわれの生活同様、自粛しているらしい。仕方がない。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ