« チャリティローズの名前 | トップページ | 2、30ユーロの至福。 »

2011年12月11日 (日)

パリのクリスマス支度

家人の仕事のためのパリ行きについていくことにした。

11月下旬、パリは冬空の下、クリスマス前の何ともいえぬ、

忙しさと賑わいが同居していた。

026

街の広場には、クリスマスツリーがごろごろと並べられて、

売られていた。

切られたもみの木は、別の木株にさしこまれ、

うまく立てかけて飾れるようにこしらえてある。

道行く人が足をとめ、もみの木を品定めしている。

027

買い手のついたもみの木は丸い金属性の筒のようなものに入れられ、

ビニールの網で束ねられる。

006

花屋の店先にも、もみの木が大小たくさん並べられている。

036

こちらは、朝市の花屋。

どこの花屋も、もみの木を売っている。

今頃、パリの人たちはもみの木をかかえて持ち帰り、

その少し青臭い香りとともに、

家族で飾り付けをしているんだろうか。

生のもみの木というところが、

パリのクリスマスを神聖な感じに思わせる。

« チャリティローズの名前 | トップページ | 2、30ユーロの至福。 »

コメント

初めまして!yumicoと申します。
麻呂さまのブログを崇拝している1ファンなのですが・・・
今日は、チャリティーローズ『絆』の記事を
拙ブログでもご紹介させて頂きましたのでご報告です。
ささやかですが私にも応援させてくださいね!

パリにいらっしゃっているのですね!
生もみの木市場・・・ドラマでしか見た事ないです ^^
素晴らしいご滞在となりますように。。。

yumicoさん、コメントありがとうございます。
チャリティローズのプロジェクトも少しずつ進んでいます。先週には、絆の苗が届きました。
昨日、バラの生産者さんの手元にわたりました。
なかなか、みなさんにご報告できるような、大きな進展はできませんが、みなさんに支えられながら、そしてみんなで協力してがんばっています。

麻呂です♪
生のもみの木で飾りつけって素敵ですね。
うちの近くだとIKEAで売ってるようなんですが
なかなか買いに行けません。

チャリティーローズ絆の情報をロザリアンさんから頂いて
少しずつ記事にしてるのですがみなさん応援してくださって
とっても嬉しいです。
年末年始とお忙しいと思いますがお体に気をつけて
頑張ってください。 応援しております。

麻呂さん、こんばんわ!
たいへんお世話になっています。
みなさんに応援してもらって、ほんとに力になっています。
被災地の方たちに絆をお届けする前に、私が先に
絆をいただいたみたいで、たいへん恐縮します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリのクリスマス支度:

« チャリティローズの名前 | トップページ | 2、30ユーロの至福。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ