« 花のある風景 フランスその1 | トップページ | 花のある風景 アジア »

2012年9月23日 (日)

花のある風景 フランスその2

7月のフランスの旅行中、リヨン近郊のバラ園を訪ねた。

バラ園といっても、バラの咲いている公園ではなく、

営利栽培しているバラの生産者さんの農園である。

120

広い敷地に整然とバラが植えられている。

残念なことに暑い7月とあって、咲いているバラは少なかった。

日本の園芸品種のバラにおいて、まだまだイングリッシュローズが主流をきわめている。

最近やっとホームセンターなどでも、フランスのバラの苗を見かけるようになった。

KIZUNAも同様だけれど、フランスのバラには明るい日差しがよく似合う。

しっとりとしたイングリッシュガーデンの中に咲くイングリッシュローズの美しさ

(そういうわたしはまだ、英国に行ったことがないので、あくまでイメージだけれど)

とは違って、フランスのバラはふくよかな絵画のようなイメージを抱かせる。

そして何か芯の強さのようなものを感じさせる。174

リヨン旅立ちの朝、ホテルのロビーに集合すると、

同行者のひとりが前の日にバラ園でいただいたバラを、

こんなきれいな花束にして階段を降りてきた。

さすがである。パリまで大切に持って帰ることにした。

192

パリのフローリストの大御所、ジョルジュ・フランソワ。

何時訪ねても、店内は素晴らしい花にあふれている。

リヨンから持ち帰った小さな花束は、ムッシュ フランソワへのおみやげに。

リヨンからの香りのプレゼントである。

どういう場面でも、花がそばにあるというのは、

ことのほか人を幸せにさせてくれる。

たとえ一時の旅の途中でも、例外ではないようだ。

ジョルジュ フランソワ

http://georgesfrancois.com/

« 花のある風景 フランスその1 | トップページ | 花のある風景 アジア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花のある風景 フランスその2:

« 花のある風景 フランスその1 | トップページ | 花のある風景 アジア »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ