« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

被災地に咲くKIZUNA

069

東日本大震災のために、フランスからやってきたバラ、

KIZUNA。

やっと、被災地で花を開きました。

場所は陸前高田市、花っこ畑。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1070/20130101_01.htm

ご自宅とお庭を津波で流された、吉田正子さんの新しい庭。

震災後避難生活を送る中、いろいろな方たちの援助により、

つくられた”希望の庭”です。

花に携る有志による東日本大震災復興支援プロジェクト

「花の力 プロジェクト」http://hananochikara.org/の協力で、

KIZUNAは、花っこ畑に植えられました。

070

他の愛らしい花たちに混じって、

力強く、津波にさらわれたこの土地に花開きました。

この1輪のバラの花の向こうには、

被災者をはじめ、数えきれない方たちの震災への想い、

縁あってKIZUNAに携わっていただいている人たちの気持ち、

多くの目に見えないものが存在します。

脇から、シュートが伸びているKIZUNAの様子を見て、

復興のシンボルとして、ほんとうに最高のバラであることを、

つくづく感じました。

このシュートのように、再生がぐんぐん進んでいくことを、

誰もが願わずにはいられません。

2013年7月12日 (金)

ご報告。日本では、

リヨンでこんなすばらしい活動が行われた後、

日本でもはじめての大きなイベントに参加しました。Photo1

毎年、埼玉の所沢ドームで開かれる国際バラとガーデニングショー。

ドミニックローズの名前で出店いたしました。

ドミニックローズのファンでいらっしゃるブログ仲間の方たちに、

たいへんなご協力をいただき、無事に終えることができました。

期間中、多くの方がKIZUNAに会いに来てくださり、

感動したり、感謝したり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

KIZUNAをまったく知らない方も多くいらして、

でもこのバラの物語を聞くと、

多くのお客様がぜひ庭に!と連れ帰ってくださいました。

025

KIZUNAは花つきのとてもよいバラです。

この暑さの中、ドミニックローズの畑でもまだ咲いているそうです。

サイトから、購入できます。

dominiquerose.ocnk.net/

Photo2

KIZUNAは、このステキなおふたりとご家族の方がつくっています。

よろしくお願いいたします!

2013年7月 1日 (月)

ご報告。 フランスでは、

KIZUNAについては、NPO 法人のfacebook 

ja-jp.facebook.com/charity.roze.kizuna を、

見てくだっさている方は、すでにご承知かもしれませんが、

この3か月の活動のご報告をいたします。

009 038

今年3月、フランス、リヨンにて、東日本大震災再生ヴィジョン展が、

リヨン市庁舎などで開催されました。

再生に向かう被災地の方たちの写真1枚1枚が、

リヨンの人たちの心を揺さぶりました。

KIZUNAの展示は子ども館で行われ、

子供たちにもわかりやすくするために、

かわいいイラストとともに紹介されました。

067

和紙で作られた短冊が用意されて、

来場してくれた子供たちのひとりひとりの名前を、

漢字で書いてあげるという素敵なプレゼントまでありました。

071

この再生展のあと、

5月にはリヨン、ベルクール広場で開かれた領事祭でも、

KIZUNAが展示、紹介され、

リヨンの皆さまがとてもKIZUNAを大切に思ってくださっていることが伝わってきました。

KIZUNAはいっしょに回ることができませんでしたが、

再生展は、スペインに渡り、1年をかけて全国を巡回するそうです。

ヨーロッパで再生展を通し、また、新しい絆がここから繋がっていきました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ