« 被災地に咲くKIZUNA | トップページ | 香港の朝 »

2013年8月 8日 (木)

草木の知恵

今年の梅雨は、稀にみる空梅雨だった。

短い梅雨が明けた頃、

公園の植樹を思わせるほど大きくなった我が家の桂の木が、

徐々に葉が茶色になり、落葉し始めた。

木の下の土が一面枯葉で覆われるほど、

毎日、ハラハラと茶色に変色した葉が落ちていく。

とうとう枝が姿をあらわし、

庭の向うの学校の建物がすべて見えてしまうほどになってしまった。001

早めの夏の休暇の旅から帰ってみると、

裸になった枝に、黄緑色の小さな葉がついていた。

自ら葉を落葉させ、根に水分が失われなようにして、

桂は自分の生命を守るらしい。

そして、一旦水分が満たされてくれば、

新しい芽をふく。

こうした草木の知恵には、本当に感心させられてしまう。

人も自然界の生き物。

同じように再生の力を持っていると思うと、

桂の見る度、本当に励まされる。

少し情けなくなった桂の姿を見ていた時、

ふと、私の怠慢がこの事態を招いてしまったことに気づいた。

桂にあやまり、深く反省。

夕方の水やりを忘れないように、

手のひらの水やりとボールペンで書いた。

« 被災地に咲くKIZUNA | トップページ | 香港の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草木の知恵:

« 被災地に咲くKIZUNA | トップページ | 香港の朝 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ