« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月15日 (日)

秋、立つ。

001

蝉の声がやみ、バサバサと飛ぶ蝉の羽の音が耳にさわる。

晩夏はもうとっくに過ぎ去り、いつの間にか秋が深まっていた。

庭は落ち葉で覆われて、どこかさみしい佇まいに変わっている。

毎日が暑いせいか、

つい秋の訪れに気づかないまま一日,一日が過ぎていた

005

隣りの畑の栗はもう毬が割れて、茶色の実が見えていた。

010

とうに葉が落ちてしまった柿は色づきはじめ、

高い空によく映えて、まさに秋の景色をつくっている。

013

近所の石榴は大きな赤い実をすでに付けていた。

昔は何も考えずとも、

自然に季節の変化を感じ取れる毎日だった。

今は少し油断をしていると、

すぐに暮らしに中の風景が変わってしまう。

018

今日は台風が関東地方に接近中。

一日のお天気の変化が目まぐるしい。

こんな日は空を眺めてボーとするのがいい。

雲の流れが激しく、退屈することがない。

いつの間にか、月が浮かんで、

その下に雲が早いスピードで流れていく。

こんなのんびりした一日の終わりかた、

秋の長い夜の始まりにちょうどいいような気がする。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ