日常のこと

2017年4月26日 (水)

美通信

美通信
美通信のコラム、更新しました。
http://www.beauty-news.jp/pages_flowertop.html039

2016年10月 4日 (火)

美通信

017

美通信
美通信のコラム、更新しました。
http://www.beauty-news.jp/pages_flowertop.html

2016年9月11日 (日)

美通信

美通信
美通信のコラム、更新しました。
http://www.beauty-news.jp/pages_flowertop.html005

2016年8月25日 (木)

美通信

美通信
美通信のコラム、更新しました。
http://www.beauty-news.jp/pages_flowertop.htmlImg_1268

2014年9月13日 (土)

中秋の名月

9月8日は中秋の名月。

お月見といえば、日本ではやはりススキ。
ススキ見ると、秋の到来を告げられてるようだ。
関東では、8日はあいにくのお天気だったが、
9日のスパームーンを眺めた方も多いのでは。
中国では、中秋の名月に月餅を食べる習慣があるとか。
そして、日本の盆暮れのごあいさつのように、
日頃お世話になっている方に月餅を贈るそうだ。
中秋の名月が近づくといろいろな月餅が出回り、
香港ではスターバックスまで、オリジナル月餅を販売してるそうだ。
006
最近は横浜中華街でも、この時期になると色々な月餅を売り出す。
私が楽しみにしているのが、これ、
萬珍樓蛋黄大月餅
010
餡はハスの実、アヒルの塩漬け卵を名月に見立てたもの。
餡の甘さと卵の塩加減がバランスよく美味しい。
他店では黒い餡にアヒルの卵が入った月餅が売っているが、
やはりハスの実の餡のほうが相性がいい。
1つ800円(税込)とちょっと高いが、
つい秋の月を眺めると、
これが食べたくて、どうしても中華街へ足が向いてしまう。
横浜中華街
萬珍樓
http://www.manchinro.com/

2013年9月15日 (日)

秋、立つ。

001

蝉の声がやみ、バサバサと飛ぶ蝉の羽の音が耳にさわる。

晩夏はもうとっくに過ぎ去り、いつの間にか秋が深まっていた。

庭は落ち葉で覆われて、どこかさみしい佇まいに変わっている。

毎日が暑いせいか、

つい秋の訪れに気づかないまま一日,一日が過ぎていた

005

隣りの畑の栗はもう毬が割れて、茶色の実が見えていた。

010

とうに葉が落ちてしまった柿は色づきはじめ、

高い空によく映えて、まさに秋の景色をつくっている。

013

近所の石榴は大きな赤い実をすでに付けていた。

昔は何も考えずとも、

自然に季節の変化を感じ取れる毎日だった。

今は少し油断をしていると、

すぐに暮らしに中の風景が変わってしまう。

018

今日は台風が関東地方に接近中。

一日のお天気の変化が目まぐるしい。

こんな日は空を眺めてボーとするのがいい。

雲の流れが激しく、退屈することがない。

いつの間にか、月が浮かんで、

その下に雲が早いスピードで流れていく。

こんなのんびりした一日の終わりかた、

秋の長い夜の始まりにちょうどいいような気がする。

2013年3月10日 (日)

スペインのお菓子

003

友達から、スペインのお菓子をいただいた。

友達はクリスチャンで、彼女が通う教会で買ったものらしい。

そういえば、スペインは敬虔なキリスト教の国だった。というお菓子だそうだ。

白い薄紙を開けると、シナモンの香り。

手に取れば、くずれてしまうほど心もとない。

お味はイギリスのショートブレッド、

口当たりは日本の落雁を思わせる。

調べてみると、クリスマスのお菓子のひとつらしい。

トゥロンと呼ばれる、ヌガーのお菓子などといっしょに、

クリスマスが近づくと町のお菓子やにたくさん並んで、

冬の到来を告げる。

もともとはアンダルシア地方のお菓子だったが、

12月には、スペイン全土でクリスマスシーズンに食べられるらしい。

ポルボロネスのことを調べていたら、以外にスペイン系の教会が、

多いのに驚いた。

だからか、日本でも、いろいろな教会で、

このポルボロネスを作っているようだ。

気をつけていれば、また今年の12月に出会えるかもしれない。

季節の到来を告げる食べ物は、なぜか気になってしまう。

せっかく四季のある国に生まれたんだから、

春夏秋冬を楽しみたい。

そういえば、もうすぐ桜が咲く。いい季節がやって来る。